ABOUT TRP2023

TRP2023の参加方法

詳しい内容が決まり次第お知らせします。

TRP2023のテーマ

変わるまで、続ける

つながることで課題を可視化し、より良く変えていこうと、
1人ひとり、一つひとつの積み重ねでここまできた。

しかし、女性の社会進出は進んでも男女格差はちぢまらない。
働き方や生活様式が多様化しても、自らの苗字は選択できない。
障害があることによる不平等や格差も思うように埋まらない。
これだけダイバーシティの大切さは広まっても、インクルージョンが足りていない。

LGBTQもまた同じく、言葉の認知度は間違いなく上がったけれど、
当事者の置かれる状況はさほど変わらない現実がある。
いじめ、差別、偏見。かき消される声なき声。
パートナーシップ制度は広がっても婚姻の平等は実現しない。

目まぐるしく変わる世界の中で、日本は変われるのだろうか。
課題がはっきり見えてきた今だからこそ、変えられないもどかしさが募る。

今、改めて声をあげよう。
私たちはここにいる。
24時間365日、あらゆる世代のあらゆる場所に。
これまでもこれからも、共に生きていることを。

景色が変わるまで、続けよう。
多様な誰もが公平に、そして幸せに暮らせる未来のために。

- Press on till Japan changes. -

We have come this far one person at a time, one by one.
We’ve re-connected with each other, so we can see the issues and change them for the better.
Yet, the gender gap has not narrowed despite the advancement of women in society.
Even though there is now a rainbow of different types of families, individuals still cannot choose their own surnames.
Inequalities and disparities experienced by those with disabilities remain even now unresolved.
Even though the importance of diversity is now widely understood, inclusion continues to be lacking.
The same is true for the LGBTQ community. Although the word has definitely gained recognition,
our reality is that our situation has not changed that much.
Bullying, discrimination, prejudice still exists. Our voices are drowned out.
The partnership system has expanded, but marriage equality has yet to be granted.
Can Japan really change in this rapidly changing world?
It is precisely because we can now see these issues clearly that we feel frustrated at the stagnation.
So now is the time to raise our voices once again.
Tell them we are here to stay.
24 hours a day, 365 days a year, in every generation, in every place.
That we have been and will continue to live together.
Let's keep marching on until the landscape changes.
For a future where everyone of all diversities can live equitably and happily.

テーマ決定の背景

TRPは昨年で10周年を迎えました。振り返えれば大きな前進があったことは間違いありません。
しかし、LGBTQ、ダイバーシティ、インクルージョンの考え方が広まり、社会が大きく変わってきた一方で、まだまだ解決できない多くの課題に直面している現実があります。
わたしたちに何ができるのかを考えた時、それはどんなときも「諦めずに変わるまでやり続けること」だと考え、強い思いを込めこのテーマをかかげました。

Background Info

TRP celebrated its 10th anniversary last year. Looking back, there is no doubt that great strides have been made.
However, while society has changed dramatically with the spread of diversity and inclusion and the understanding of LGBTQ issues, the reality is that we still face many challenges that have not been resolved.
When we think about what we can do to resolve this, we believe that we must "never give up and just keep trying until things change." It is thus with a strong resolution that we have adopted this theme for this year.

開催概要

正式名称
東京レインボープライド2023(TOKYO RAINBOW PRIDE 2023)
期間
イベントごとの開催日時
開催場所
東京都代々木公園イベント広場(代々木公園B地区)
参加方法
参加費
無料
主催
特定非営利活動法人 東京レインボープライド
後援
スポンサー企業・団体総数

TRPとは?

『東京レインボープライド2022』は、LGBTQをはじめとするセクシュアル・マイノリティの存在を社会に広め、「”性”と”生”の多様性」を祝福するイベントで、特定非営利活動法人 東京レインボープライドが開催しています。

(参考)東京レインボープライドの活動趣旨

「特定非営利活動法人 東京レインボープライド」は、「らしく、たのしく、ほこらしく」をモットーに、性的指向および性自認にかかわらず、すべての人が、より自分らしく誇りをもって、前向きに生きていくことができるHappy!な社会の実現をめざしています。

これまでのTRP

TRP2012からの歩みについて、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。