マガジン TRP ONLINE

  1. TOP
  2. マガジン
  3. コラム/エッセイ
コラム/エッセイ

2019.12.16

第14回:日本も変わりつつある

みなさん、こんにちは。やってきました、久々の日本。食べ物はおいしいし、街にはゴミが落ちていないし、電車は数分に1本やってくる。ああ便利。長女はお肉屋さんのコロッケに感動、コンビニの品揃えに驚愕。毎日楽しく過ごしました。 今回の日本滞在では、LGBTQI+当事者のみなさん...

コラム/エッセイ

2020.01.02

第17回:アイデンティティの獲得(1)

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  では、「ホモセクシュアル」はどんなアイデンティティを獲得できるのでしょうか?  おそらく多くの国や文...

コラム/エッセイ

2019.11.29

第16回:アイデンティティの誕生

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  1950年代から顕著になってきたアメリカの黒人解放運動に、第二次世界大戦が深く影響しています。大戦当...

コラム/エッセイ

2019.11.12

第7回:レインボーシティ台北——「同性婚元年」の台湾プライド開催

レインボーに染まる台北  2019年10月、台北には6色のレインボーが街中にあふれていた。台湾の玄関口、桃園国際空港の入国ゲートをくぐると、「Welcome to Taiwan Pride」と記したレインボーのパネルが、まずすべての入国者をお出迎えしてくれた。いまやゲイタウンと...

コラム/エッセイ

2019.11.15

第15回:『LGBTヒストリーブック』という資料本

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  1カ月のつもりが3カ月もの休載となってしまいました。申し訳ありません。やっと再開できる態勢が整いまし...

コラム/エッセイ

2019.10.18

第6回:台湾婚姻平等化運動のパイオニア——祁家威、闘いの軌跡

パイオニアの生い立ち  台湾における婚姻平等化のプロセスを振り返るとき、40年以上も前からたったひとりで同性間の婚姻を求め続けてきた人物、祁家威の存在を忘れることができない。祁氏は近年、台湾各地で開催されるLGBTのパレードでは、必ず参加者を見下ろす高いところに立って、レインボ...

コラム/エッセイ

2019.11.05

第13回:私にはママが二人いる

みなさん、こんにちは。アムステルダムはすっかり秋模様。ずいぶん肌寒くなってきました。前回は娘のアムステルダムにおけるマルチ言語生活の一部をご紹介させていただきました。娘が複数言語を話すことも、彼女にとってはあたりまえ。そしてもう一つのあたりまえが、娘にはママが二人いる、ということ...

コラム/エッセイ

2019.10.07

第12回:多言語・多文化・多国籍

みなさん、こんにちは。『プライド・アムステルダム』も終わり、オランダの夏も終わろうとしています。日本は猛暑と聞きますが、こちらは摂氏20度から24度程度で、ともすると若干の肌寒さすら感じるほどです(やや嫌味な感じでしょうか)。妻のアメリカ出張に伴い、日本からまた母が2週間ばかりや...

コラム/エッセイ

2019.09.28

第5回:同性婚法制化に向けた法案審議のあゆみ

台湾と人権問題  台湾はアジアではじめて同性間の婚姻の法制化を成し遂げ、台湾外交部が「アジアにおける人権の灯台」たることを誇らしげに宣言したことは、この連載第2回でも紹介した。台湾でLGBT(台湾華語で「同志」)というマイノリティの問題が人権という角度から議論されてきた背景には...

コラム/エッセイ

2019.09.13

第11回:アムステルダムの運河パレードに日本の船が参加

みなさん、こんにちは。この8月3日(土)に、『プライド・アムステルダム』の「運河パレード(Canal Parade)」が開催されました。前回ふれた通り、今年は日本から、「プライドハウス東京(Pride House Tokyo)」の船が参加しました。日本からの船の参加は、これが...

コラム/エッセイ

2019.09.06

第4回:国民投票での大敗北——アンチ派との最後の攻防

大法官解釈と国民投票  2017年5月24日の司法院大法官748号解釈が、同性間に婚姻を成立させていない現行民法を違憲と判断し、法制定ないし改正を関係機関に命じたことで、台湾における同性婚をめぐる論議は完全に決着したかに見えた。2年以内に法改正が行われなければ、現行法に...

コラム/エッセイ

2019.08.18

第3回:司法(憲法裁判所)による同性婚問題の決着

同性婚実現の方式  台湾はメキシコを含めると世界で27番目に、そしてアジアでは初めて、同性間でも法的な婚姻を成立させた国となった。これらの国々で異性間限定を解除し、同性間にも差別なく法的婚姻を開放することを決定づける手法には、大きく分けてふたつの方式がある。ひとつは...

1 / 41234
LOADING!