LGBTQ+に関する用語をわかりやすく解説していると、韓国で話題となっている「YOUTUBER JLIPS(마성의 게이)」さんのブログ。 これをご本人の許諾のもと日本語に翻訳し、日本のみなさんにもお届けします!

講座一覧を見る:https://tokyorainbowpride.com/magazine/rensai/lgbtqword/

日本のみなさん、こんにちは。
YOUTUBER JLIPS(마성의 게이)です。

昨年の夏、私は大学の親しい友人にこんな言葉を言いました。
「あのさ、私、女ではないみたい」

 

すると、友人がゲラゲラ笑いました。

「あのね、私、真剣だよ」

すると友人が笑いを止め、質問をしました。
「えっと、女って何?」

「...」

その日から私には、疑問が生じました。
「女性というのは何だろう?」

 

私は自分が「女性」ではないと思いながら、いざ「女性」が何なのかの定義もできなかったのです。

私は完全な女性ではないという確信。
心ではとてもよく分かるけど、頭では説明ができなかったのです。

数冊の書籍とインターネット、そして深い内面の省察……
長い悩みの末に私が思い付いた回答を申し上げたいと思います。

結論から申し上げますと 「男性」と「女性」の定義は、 人によって異なります。

 

非常に簡単な例として、

生物学的性別が 男性(male)である
Aという人がいます。
その人の女性(female)についての定義
化粧をして、ヒールを履いて、スカートを着ることを楽しむ人だとしましょう。
もし本人がそのようなことを楽しむなら
Aは、自分を女性(female)だと自認します。

生物学的性別が 男性(male)である
Bという人がいます。
その人の男性(male)についての定義
生物学的性別が男性(male)である人だとしましょう。
本人がどんなに化粧をして、ヒールを履いて、スカートを着ることを楽しんでも
Bは、自分を男性(male)だと自認します。

生物学的性別が 女性(female)である
Cという人がいます。
その人の男性(male)についての定義
社会で規定された「男性性」を備えている人
その人の女性(female)についての定義
社会で規定された「女性性」を備えている人だとしましょう。
本人が「男性性」と「女性性」を均等に備えていると思う場合
Cは、自分を「男性」と「女性」が混ざった
アンドロジン(androgyne)だと自認します。

生物学的性別が 女性(female)である
Dという人がいます。
その人は男性と女性、そしてこのほかのすべてのジェンダーも
あえて分ける必要性を感じません。
ジェンダーの分類が不要であると考えています。
だからDは、本人にジェンダー(gender)など存在しないとし
自分をジェンダーレス(genderless)だと自認します。

 

理解できましたでしょうか?

生物学的性別(biological sex)とは異なる
社会的・文化的・心理的性別のジェンダー(gender)
一個人が生きている時代社会
そして、その個人の主観的な観念が相互に作用して現れる
性別に対する抽象的な概念であるため、
誰に対しても同一に適用させることができません。

私は心では「女性」という性別と距離感を感じましたが、その距離感を頭では解釈できずにいて
おそらく私だけの「男性」と「女性」の定義を無意識のうちに作って、自分なりの自認をしたのだと思います。

 


冒頭の逸話があった時よりも少し前のとある日……

今は元恋人になったある人に、私は生まれて初めてこんな言葉を口に出しました。
「あのさ、私、女ではないみたい」

この言葉を聞いた元恋人が心配する口調で恐る恐る聞いてきました。
「じゃあ、あなた、もしかして男になりたい?」

それで、私は微笑みながら答えました。
「いや、男になりたいのではない。だけど、完全な女ではないのは確実。
私もまだよく分からなくて、分かろうとしている途中だよ。」

すると、元恋人は長い間、私の脳裏に深く刻まれる一言を投げます。
「無知に聞こえるかもしれないけど、私、本当に分からなくてね……」

「女の体であれば、女ではないの?」

あれ……?

 

その瞬間戸惑って、私は元恋人に非常に定石的な回答をしました。
「あなたが言う女とは、からだの性別のことで、私が言う女とは、こころの性別のことだよ。
生物学的性別と精神的な性別は違うものだよ。」

私がその瞬間あんなに戸惑った理由は元恋人の無知な発言のせいではなく、
私も自分がなぜ女性ではないと思っているのかよく分からずにいたからです。

「私は女性の体を持っている」
「しかし、私は女性ではない」

さてはて、「女性」というのはいったい何だろう?

 

長い時間を経て、ようやく元恋人の言葉にしっかりと答えられるようになりましたね。
「女の体であれば女ではないの?」

いや、
それはあなたが定義した「女性」の基準であるだけ。

では、次回の講座で会いましょう♥
ハッピープライド!

続けて[第9回]を読む:https://tokyorainbowpride.com/magazine/lgbtqcourse/14741/

※本連載は24回で完結します。各回個別の解説だけでなく、全体を通して、LGBTQ+について、少しでも理解が深まればと考えています。

※LGBTQ+に関する用語や定義等は、新しい研究成果やものの見方、知見によって更新されていくものです。また、考え方や立場などによって見解が異なる場合もあるでしょう。これが「正解」という明確な答えがないことは承知しつつ、なるべく一般的で、できるかぎり新しい見解を取り入れられるよう努めていきたいと思っています。その点、ご理解ください。

原文:YOUTUBER JLIPS(마성의 게이)
JLIPSという名前でユーチューブ活動をしていて、ジェンダーとセクシュアリティに関するブログである마성의 게이を運営している。
( Youtube:http://youtube.com/jlipss / Blog:http://blog.naver.com/queerdigger
日本語訳:on Lee(TRP理事)

バックナンバー