マガジン TRP ONLINE

  1. TOP
  2. マガジン
  3. LGBTで考える人生の練習問題
LGBTで考える人生の練習問題

LGBTで考える人生の練習問題

コラム/エッセイ

2020.02.16

第18回:「男と女」と「公と私」と

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  1980年のモスクワ五輪は、前年79年12月のソ連によるアフガニスタン侵攻に抗議したアメリカとそれに追...

コラム/エッセイ

2020.01.02

第17回:アイデンティティの獲得(1)

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  では、「ホモセクシュアル」はどんなアイデンティティを獲得できるのでしょうか?  おそらく多くの国や文...

コラム/エッセイ

2019.11.29

第16回:アイデンティティの誕生

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  1950年代から顕著になってきたアメリカの黒人解放運動に、第二次世界大戦が深く影響しています。大戦当...

コラム/エッセイ

2019.11.15

第15回:『LGBTヒストリーブック』という資料本

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  1カ月のつもりが3カ月もの休載となってしまいました。申し訳ありません。やっと再開できる態勢が整いまし...

コラム/エッセイ

2019.07.26

第14回(番外編):『NYC Pride 2019|WorldPride NYC|Stonewall50』リポート

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  多忙につき、更新が遅れて大変申し訳ありませんでした。今回は番外編として、6月30...

コラム/エッセイ

2019.06.16

第13回:アイデンティティの政治(2)

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  アメリカの6月は1969年6月28日に起きた「ストーンウォールの反乱」を記念して...

コラム/エッセイ

2019.06.03

第12回:アイデンティティの政治

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  前回コラムの末尾で紹介した2015年公開のイギリス映画『Suffragette ...

コラム/エッセイ

2019.05.16

第11回:クローゼットな言語[その2]──「私」から「公」へのカム・アウト

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  日本語という言語がどうしても身内・仲間内の言葉に重きを置いていて、誰とでも通...

コラム/エッセイ

2019.05.04

第10回:クローゼットな言語

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  20代で小説本を出したこともあって、東京で新聞社に勤めていた30代の頃から、出版...

コラム/エッセイ

2019.04.16

第9回:エイズ禍への反撃

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  「不思議な時代」だったと書きました。エイズ禍は去っていないのに、ゲイたちがそれを...

コラム/エッセイ

2019.03.30

第8回:エイズ禍からの反撃

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  ロック・ハドソンの死が世間を覚醒させる爆弾だったとしても、エイズ禍が終わったわけ...

コラム/エッセイ

2019.03.13

第7回:ロック・ハドソンという爆弾

20年以上にわたってニューヨークで暮らし、アメリカから日本を、そして世界を観てきたジャーナリスト・北丸雄二さん。そこで得た知見をもとに、「LGBT」で人生を読み解きます。  「ゲイ」、今で言う「LGBTQ+」の話題なんぞ、“普通”に暮らしている人々にとっ...

1 / 212
LOADING!